北海道民直伝のフキの調理法・食べ方

フキは日本全国で比較的多くの地域で収穫できる山菜のひとつです。
フキの調理法は地方によって各地ならではの食べ方があると言われています。
その中でも北海道出身の方のフキの収穫と調理についてお話を伺いました。

美味しいフキを収穫するコツ

フキは太く成長したものほど、一本で多くの量を収穫できますが、大きく育ちすぎてしまったものは、若いフキよりも固いものが多いです。
柔らかい口当たりのフキ料理を作りたい場合は、茎の太さが2センチ程度の若いフキを選ぶほうが美味しく食べやすいフキ料理が作れます。
太いフキは、時間をかけて煮込めばある程度食べられるようになりますが、やはり若いフキと比べると食べやすさが違います。

フキの成長は非常に早いのは4月から5月の時期に収穫するのがよいです。
収穫の時間帯は朝の方がよいとされています。

フキは自分で栽培することもできますが、山菜採集を許可されている森や山、所有地内の山やなどがあれば自然に育っているものを収穫するだけなので管理は楽です。

自身で育てる場合は、フキの根を購入したり分けてもらうなどの他、採集を許可されている山などで茎を収集し、その茎を鉢などで育てることができます。
鉢の土には十分水分を与えるのが植え替えのコツと言われています。

フキの調理方法


フキを美味しく食べるには、多くの下ごしらえが必要です。
主にフキの茎を部分を食べます

大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かし、塩を大さじ一杯程度入れます。
お湯が湧いたらフキを入れ、5分から6分ほど茹でます。

茹で終わったら、フキを取り出し冷水で冷やします。
この時点でスジ・薄皮を剥きます。
フキの茎の外側についているスジを取るのは必須です。
場合によっては湯でる前に取るという方もいます。

スジはさやえんどうの背の部分のスジを取るような感覚です。
このスジがあるのとないのとではかなり食感が変わります。
フキ一本についきスジが何箇所もあるので一本ずつスジをとっていくのは骨が折れます。
しかし、美味しい料理に仕上げるために丁寧に行うのがおすすめです。

スジをすべてとったら、4センチから5センチほどの長さにカットしていきます。
煮物の場合はこのくらいの大きさにカットするのが食べやすいです。

別の鍋に水や酒、みりん、醤油などの調味料を入れ味を整えながら煮込んでいきます。
アクが出るのでこまめにアクをとってあげるのが重要です。

中火で煮て、食べやすい柔らかさになるまで味見をしながら煮込んでいきます。

ちょうど良くなったら火を止めて完成です。
フキ以外にも油揚げや人参、ごぼうなどの野菜を入れて一緒に煮込むのもおすすめです。

その他のフキ料理は?
フキは煮物以外にも、炊き込みご飯の具材としても利用できます。

また、フキの和え物もおすすめです。
茹でたフキをごまやカツオぶしと混ぜ、醤油をかけて食べるというシンプルな食べ方もおすすめです。
新鮮で若いフキは煮物よりも、茹でたものをそのまま食べるという食べ方がフキの風味がしっかり味わえるのでおすすめです。

 

【おすすめ!】

山菜料理も通販で購入できる宅配食と冷凍弁当のまとめサイト

北海道産のじゃがいもを美味しく食べる!

北海道には美味しい食材が沢山!というイメージを持っている人は多いと思います。
海産物だけでなく、野菜も美味しいと評判の北海道。今回は、北海道の野菜の中でも飛び抜けて有名な「じゃがいも」を美味しく食べる方法について語ろうと思います。

ポテトチップスやフライドポテトなど、日本人の食事やおやつとしても重宝されているじゃがいもですが、北海道産のじゃがいもはグルメ番組などでも多く取り上げられます。
北海道ののじゃがいもは他県と比べても特徴的な美味しさがあると言われています。
素材そのままを生かした食べ方が、地元の方々には愛されており、中でも茹でたじゃがいもにバターを乗せて、じゃがいもと一緒に食べるという食べ方が何よりの贅沢とも言えます。
アツアツのじゃがいもに乗せたバターが熱で溶けていき、じゃがいも全体に溶け出したのを見計らって食べると、それはもう絶品。
じゃがいもの産地だからこそ、一番美味しいじゃがいもの食べ方を理解しているのかもしれません。

じゃがいもは、日本人が食べる食事の食材としても非常に多く使われています。どんなものに使われているかを改めて思い出してみると、カレーライス、コロッケ、ポテトサラダ、シチュー、味噌汁や豚汁に入れたりもします。温かい料理との相性が抜群のじゃがいもですが、やはり日本人のソウルフードの1つと言っても過言ではない「肉じゃが」は欠かせません。

肉じゃが

 

肉じゃがのメインはやはり肉とじゃがいも。メインだからこそ、肉もじゃがいもも美味しいものを選びたいもの。
肉じゃがに使われるじゃがいもの品種は、男爵という品種やメークインという品種などそれぞれ家庭の好みによって選ばれています。
男爵という品種の方が、ややしっかりしていて崩れにくいというメリットがあります。一方メークインは、煮込むことでほろほろと柔らかく崩れやすいので、やわらかいじゃがいものの肉じゃがが好みの方はメークインを選んでいる人も多いです。
カレーライスで使う場合でも、柔らかく食べやすい状態にしたい場合は、メークインを選ぶ場合が多いです。
煮込んでもじゃがいもの原形はしっかり保って欲しい!という人は、男爵を選ぶのが良いと思います。
味にもそれぞれ特徴がありますが、大きな差はありません。メークインの方が甘みを感じると思いますが、男爵も味わい深いじゃがいもの味を出しています。
肉じゃがに使う食材を紹介すると、

    • 豚肉(好みによって牛肉)
    • じゃがいも
    • いんげん
    • 人参
    • しらたき(好み次第でこんにゃくでも可能)
    • 醤油
    • みりん
    • 出汁(肉じゃがのツユなどで代用できます。)

となります。

最近では、すきやきのタレや肉じゃがのつゆなど、醤油やみりんを用意しなくても、適量入れて煮込むだけで美味しい肉じゃがを作れるツユも販売されているので、今まで作ったことがないと言う人でも失敗せずに美味しい肉じゃがを作ることができます。
何より大事なのは、美味しいじゃがいもを選ぶ事です。
じゃがいもの味が落ちると、やはり本当に美味しい肉じゃがは作れないので、じゃがいも選びは重要視しましょう!

フライドポテトはどうやって作る?

フライドポテト

マクドナルドなどのファストフードでも人気のフライドポテト。
フライドポテトが好きな子どもは多いですよね。
ファストフード店が好きなのかフライドポテトが好きなのかは謎ですが…。
フライドポテトは専門の道具などがないと作ることができないと思っている人も多いですが、自宅でも手軽に作ることができます。
ジャガイモを1センチ程度の薄さにスライスした後に、千切りをするような形で1センチ四方の短冊切りをします。
好みによっては5ミリ程度に抑えるなどして太さは調整した方が良いです。
あまり太くしすぎると、揚げる時間がかかってしまうのと、少しベタベタした印象になってしまうので、適度な太さにカットするのがコツです。
切ったあとは水に30分程度晒しておくのがおすすめです。
水から引き上げたら、軽くジャガイモの表面に小麦粉をまぶします。
小麦をまぶすことで表面のカラっと感が変わります。

次に、底の深い鍋(フライパンでも良い)に適量の油を入れて、170度程度まで油の温度を上げます。
フライパンで調理する時は、きったジャガイモが浸るほど入れなくてもカラっと揚げることができるので、少量でも良いです。少なすぎるとジャガイモ炒めになってしまうのでフライパンに合わせて適量の油を使用するのがお薦めです。
温度を上げた油の中に、切ったじゃがいもを入れて3分から4分間揚げます。
しっかりカラっと仕上げたい方は、取り上げた後に再度もう一度揚げると更にからっとしたフライドポテトに仕上げられます。
以外にも簡単に自宅っでフライドポテトを作れるので、子供がファストフードに行きたい!とせがむときに一度自宅でのフライドポテトの味を体験させてあげるのもおすすめです。
フライドポテトを作る際のジャガイモは男爵芋がおすすめです。じゃがいものしっかりした風味が引き立つ感じがします。
もちろんメークインなどでもおいしいフライドポテトが作れるので、自分の好みを探してみるのも良いのではないしょうか。

今回は北海道産のじゃがいもを使った料理について考えてみました。
ジャガイモは年中手に入りやすい野菜ですが、やはり旬の時期のじゃがいもはおすすめ。また、旬の時期に北海道旅行をしておいしいジャガイモを食べるというのも贅沢です。
特に初夏の時期に市場に出回る「新じゃが」は冒頭をご紹介したじゃがバターにすると本当に美味しいです。
これからの時期が「新じゃが」の時期なので是非すすんで食べてみてはいかがでしょうか!